持ち物を軽量化したい!コンパクトな財布を見つけたのでご紹介します〜モンベルと無印良品〜

ずっと長財布を使っていましたが、持ち物を軽量化したいと思い、コンパクトな財布を探していました。

ある日、たまたま無印良品に立ち寄った時に、私の求めていた条件にピッタリのコンパクトな財布を発見。試しに購入し、しばらく使ってみました。これがなかなか良かったので、以前に購入したコンパクトな財布と比較しながらレビューしたいと思います。

私が探していたコンパクトな財布の条件は下記のものです。

  • 薄い&軽い
  • カード入れは多くなくて良い
  • 小銭入れとお札入れが分かれている

【mont-bell(モンベル)】スリムワレット

サイズ:10cm×12cm (公式サイトより)

スリムワレット

こちらは、以前購入したコンパクトな財布です。

「アウトドアの商品は機能的でコンパクトなものばかりだから、財布もコンパクトなものがあるかもしれない」と思って、モンベル(たまたま職場の近くにあったので)に行って見つけたのが、この「スリムワレット」でした。

スリムワレットの薄さ

カードもお金も入っていない状態だと「ぺったんこ」な財布で、探していた条件はどれも当てはまっていました。ただ…私にとっては、少しだけ使い勝手が悪く…。ライブやドライブに行くときなど、「荷物は軽くして、あまり財布を使わない(出し入れしない)場合」に使うことにして、この時は結局、普段使いを長財布に戻してしまいました。

〈スリムワレットの良かった点〉

  • 薄い&軽い、まさに理想の財布

これ以上「ぺったんこ」な財布は、他に無いのでは?というくらい、何も入っていない状態だと「ぺったんこ」です。また、素材がナイロンなので、ものすごく軽いです。

スリムワレットの重さは25g
  • 最低限、カード・小銭・お札が分けて入れられる

コンパクトなのに、カード・小銭・お札がちゃんと分けて入れられる作りになっています。

スリムワレットの内側
  • カード入れ…3
  • 小銭入れ…1
  • お札入れ…2

カード入れは3つだけです。私が持ち歩く最少のカード数はクレジットカード・保険証・よく使うポイントカードの3枚なので、3つで十分です。カード入れには、入れようと思えばそれぞれカードが3枚ずつくらいは入る余裕はありますが、その分取り出しにくい感じにはなります。

ちなみに、一番奥のカード入れ(左写真の矢印)だけ、深さがある作りになっています。カードが少し取り出しにくいのですが、奥まで入るため(右写真の矢印、黒いのがカードです)、ここに入れたカードは落としにくいというメリットはあります。

スリムワレットのカード入れ部分

それから、お札入れが2つに仕切られているのも地味にポイントが高いです。仕切りがあると「よく使う千円札と五千円(または一万円札)」や「お札とレシート」と分けて入れられるので、全てがひとつの所に入っているよりは使いやすくなります。

スリムワレットのお札入れ部分
  • コンパクトなサイズだけど、お札入れにゆとりがある
スリムワレットにお札を入れてみたところ

コンパクトなサイズの財布ですが、意外とお札入れの幅にゆとりがあります。レジでお札の出し入れがスムーズにできないとストレスになりますが、この財布は、そんなことはありませんでした。

〈使い勝手が悪いと思った点〉

  • 小銭入れのマジックテープがちょっと…

小銭入れの口がマジックテープ仕様なので、小銭を出す際に「バリバリッ」と音をたてるのが、私としてはちょっと恥ずかしいです。購入するときからマジックテープなのは分かっていたのですが…使っているとやっぱり、だんだん恥ずかしくなってきました。

  • 小銭入れの口の向きが使いにくい向き

小銭入れの口の向きが、財布の折り目の側(内側)に付いています。この口の向きが私にとって開けにくい方向になっているので、いつもスムーズに小銭を出せません。

  • カード入れからカードが出やすい(滑りやすい?)

カード入れに入れたクレジットカード等が、滑り出てきそうになることが度々ありました。

考えられる理由として、下記の3つがあります。

  1. 財布のナイロン生地が、クレジットカードなどのプラスチック素材にとっては滑りやすいのかも?
  2. 私はあまりたくさんカードを持ち歩かないので、カードポケットがスカスカのために滑りやすくなっているのかも?
  3. 二つ折りが開かないように、スナップやマジックテープで留める仕様ではありません。バッグの中で開いてしまってカードが出やすくなっていたのかも?

ズボンや上着のポケットに財布を入れていれば、バッグに入れたときのように財布が開くことなく、カードが滑り出てくることはないのかもしれません。

ある時、「財布を山折りにして開けば、カードも落ちず、小銭入れの口も上向きになる」ということに気がつきましたが、その開け方自体もなんだかやりにくくて、結局「別の使い勝手が良さそうな財布を探そう…」という結論に至りました。

【無印良品】ポリエステルトラベル用ウォレット

サイズ:約11cm×9cm (公式サイトより)

ポリエステルトラベル用ウォレット

モンベルの財布が「ぺったんこ」というくらい薄かったので、それに比べると「薄い」くらいの無印の財布ですが…私が探していたコンパクトな財布の条件は全て満たしていて、さらにモンベルの財布で不満があった部分が全て解消されている「理想の財布」でした。

ポリエステルトラベル用ウォレットの薄さ

重さに関しても、モンベルの財布よりは重くなりますが…モンベルの財布が軽すぎるくらいだったので、無印の財布でも十分軽くて持ちやすいです。

ポリエステルトラベル用ウォレットの重さは44g
  • カード入れ…3
  • 小銭入れ…1
  • お札入れ…1

財布の作り(ポケットの数など)はモンベルとほとんど変わりません。無印の財布も、カード入れにはそれぞれ3枚ずつ、カードを入れることができます…が、取り出しやすさを考えると、2枚ずつの方が良い感じはします。

ちなみに、モンベルの財布は一番奥のカード入れに深さがありましたが、無印の財布は普通にカードが見える程度の深さになっています。

ポリエステルトラベル用ウォレットのカード入れ部分

〈解消された不満点〉

ポリエステルトラベル用ウォレットの内側
  • 小銭入れがファスナー仕様

もうマジックテープ仕様のものは買わないと決めていたので、この財布を見つけたとき、ファスナー仕様だったので喜びました。ファスナーの開閉もスムーズで、ストレスは感じません。

  • 小銭入れの口の向きが使いやすい向き

モンベルの財布で小銭入れが使いにくかったので、無印の小銭入れの口の向きは、私にとっては理想でした。逆に「モンベルの小銭入れが使いやすい」という人にとっては、マイナスポイントになるかもしれません…。

  • カード入れからカードが出にくい

生地の違いなのか(無印=ポリエステル、モンベル=ナイロン)、二つ折りが開かない仕様のおかげなのか…モンベルに比べて無印の財布は、カードが滑り出すことはほとんどありませんただし一番手前のカード入れにカードを入れ過ぎると、財布のフタの折り目と干渉して、少しカードが出やすい感じはします。

  • 二つ折りが開かないようにスナップが付いている

モンベルの財布は持ち歩いている間にバッグの中でパカッと開いていることがありましたが、無印の財布はスナップが付いているので、その心配はありません。

スナップが付いている分、モンベルの財布よりも厚みがありますが、普通の二つ折り財布に比べれば十分コンパクトなので、そんなに気になりません。

無印の財布に不満なし…?

モンベルの財布の不満点が解消されて、無印の財布には全く不満がない…ということはありませんでした。許容範囲のことばかりですが、「もう少しこうだったらなぁ…」と思うことがいくつかあります。

  • お札入れがやや小さい
ポリエステルトラベル用ウォレットにお札を入れてみたところ

一万円札だとギリギリ入る幅です。財布のサイズとしては、モンベルとそんなに変わらないのですが…。(下写真、無印の財布の右側に黒く見えているのがモンベルの財布)

モンベルと無印の大きさ比較

普段使いなのでお札入れに入っているのは千円札がほとんどなのですが、幅がギリギリではない千円札でもちょっと出し入れがしにくいです。

ほんのちょっとの差なのですが、モンベルの財布の方がお札の出し入れがしやすかったです。

  • お札入れの仕切りが無い
ポリエステルトラベル用ウォレットのお札入れ部分

モンベルの財布で地味に良かった「お札入れの仕切り」が、無印の財布にはありません。大きな不満ではありませんが、「仕切りがある方が使い勝手が良い」と思っていたので、「仕切りが無くて残念」くらいの気持ちです。

  • 小銭入れが、やっぱり少し使いにくい
ポリエステルトラベル用ウォレットの小銭入れ部分

モンベルの財布では小銭入れの口の向きが使いにくかったので、その部分は解消されましたが…やっぱりこの小銭入れの形状はパカッと開かないので、小銭の確認・取り出しが少しだけやりにくいです。

小銭入れの形状はモンベルの財布も同じ形状になるので、モンベルの財布を使っている時から同じことは感じていました。ただ、口の向きが違えば、もう少し使いやすく感じるかと思いましたが…そうでもありませんでした。

小銭の確認・取り出しがしにくい→つい、お札で払ってしまう→釣り銭で小銭が増えて、また確認・取り出しがしにくくなる…

と、悪循環になってしまいます。

小銭入れをすっきりした状態にすればもっと使いやすく感じると思うので、面倒がらずに小銭を出すようにして、「財布の中もコンパクトにする習慣にしないとなぁ…」と思いました。

  • バッグの中で見つけにくい

これは、黒の財布に限った話ですが…

黒の財布は食費・日用品の購入用、マスタードの財布は私のプライベート用として使っていて、普段から二つを持ち歩いています。

私が普段よく使うリュックやサコッシュはネイビー、ボディバッグはブラックです。バッグがどれもダークカラーなので、マスタードに比べて黒の財布はバッグの中で見えにくいです。財布に飾りが無く、シンプルで良いのですが、バッグの色と同化※してしまうのです。

※マスタードの左側に黒の財布を入れています。

ポリエステルトラベル用ウォレットを黒色のボディーバッグに入れてるみたところ

写真では財布以外のものは入れずに撮影していますが、、財布がコンパクトでスリムなので、スマホ&ガラケー(2台持ちです)やモバイルバッテリーのポーチ、タブレットなどと一緒にバッグに入れると、存在感も感じにくいです

黒はあまり飽きることが無い色だし、汚れも目立ちにくく使い勝手が良いと思って買ったのですが、バッグと同化してしまうとは思っていなかったので、別の色にしておけば良かったかなぁ…と少し後悔しています。

細かな違いで、私の場合は「無印良品」の「ポリエステルとラベル用ウォレット」が良かったのですが、「モンベル」と「無印良品」、どちらの財布もコンパクトなのに必要なポケットなどがちゃんと備わっている優秀な財布だと思っています。

また、どちらも1,000円くらいの手頃な価格で購入できるのもポイントが高いです。「サブで使うコンパクトな財布が欲しい」という場合などにおすすめです。

コンパクトな財布を探している方の、参考になりましたら幸いです。

↓モンベルの「スリムワレット」はAmazonでも購入できます。

mont‐bell(モンベル) スリムワレット ネイビー 1123768

新品価格
¥1,480から
(2019/3/28 13:43時点)


スポンサーリンク
このサイトについて
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
このサイトについて
検索